「チャレンジド」を応援することで、暮らしやすい世の中を実現します!
challenged-view~多彩な情報発信~

エッセイ

【連載】死ぬ死ぬ詐欺に憧れて(4)~わたしのカルテ~|大西紀子

がんは治る病気なのか? ありがたく連載が続けられているが、なんか元気そうだけど… 「卵巣がん」どんな病歴なの?と 感じている人がいるのではないだろうか? 今、がん治療というと人それぞれカスタマイズに近いほどいろいろな治療 …

【連載】死ぬ死ぬ詐欺に憧れて(3)~患者力~|大西紀子

今回は「患者力」について。 私は子育てに忙しかった(障害の娘に手がかかった)というのを理由に 病院からずいぶん遠ざかっていた。 まずは子育てを理由に(特に娘を理由に)していたことを 子供たちに謝りたいと思う。 ランチに行 …

【連載】死ぬ死ぬ詐欺に憧れて(2)~脱毛・新世界~|大西紀子

抗がん剤治療前後の心模様 「抗がん剤=脱毛」というイメージが強いと思う。 1年前、抗がん剤人生初体験の事前説明を受けているとき 「今までに脱毛しなかった人はいますか?」 と、主治医に聞いてみた。 なんとなんと先生の今まで …

【連載】死ぬ死ぬ詐欺に憧れて(1)~闘病生活第二ラウンド開幕~|大西紀子

個人のfacebookで再発のお知らせをした数日後、 バリアフリーチャレンジの編集長、「しまちゃん」から連絡がきた。 「死ぬ死ぬ詐欺」という言葉が気に入った。 「死ぬ死ぬ詐欺に憧れて」というタイトルで連載しない? という …

「宝塚の近松門左衛門」高木亨

中途失聴者でありながら音楽方面の詞章や脚本を手掛ける「宝塚の近松門左衛門」 片山剛さんは、宝塚市在住の方で、千里金蘭大学の教員の中途失聴者である。 音を失ったあとに音楽の仕事をした」実績が注目に値し、 宝塚の近松門左衛門 …

合気道に出逢って あなたこなた

あなたこなたです。 今回は編集長からのリクエストもあり 合気道の話をしてみたいと思います。 私は大学時代から合気道を始めました。 一日中ずっと合気道のことばかりを考えるくらい、 すごく熱中していました。 今でも大好きです …

僕を前に進めるもの 荒川隆太朗

僕には大切な本がある。 「シャーマンズボディ」という本だ。 この本はプロセスワークと言う心理療法の創始者の アーノルド・ミンデルによって書かれた本で、 アメリカ先住民のシャーマニズムの文化と 心理学、物理学の融合を目指し …

バリアフリーチャレンジ!に寄せる  高木亨

今回、バリアフリーチャレンジ!でデビューする。 色々な記事を考えているが、 今回編集長から提案があったので、新人歓迎会を兼ねた バリアフリーチャレンジ!での交流会における 情報保障を記事にしてみたい。 情報保障の必要性 …

市民と政治のバリアフリーを目指して 橋本成年

はじめに バリアフリーチャレンジに文章を寄せるよう 島本編集長から依頼を受けて、 少しまとまった文章を書いてみようと思い立ちました。 私事ですが、今月12日に退職して まだ10日も経っておらず、 自分自身がこれからどう生 …

政治参加のバリアフリー 荒川隆太朗

リテラシーの差 今日はバリアフリーという言葉を借りて考えてみたいことがある。それは政治参加を妨げる要因について。例えば、こんな議論がある。 『国や自治体の借金はない方がいいか?』 直感的には、『ない方がいい』と思うかもし …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © バリアフリーチャレンジ! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.